设为首页 - 加入收藏
您的当前位置:主页 > 医学 > 正文

左肺上葉切除2 か月後に発症した胃間膜軸性捻転

来源:网络整理 编辑:管理员 时间:2020-09-14

Abstract

肺葉切除後に胃間膜軸性捻転を来し,内視鏡的整復が困難であった1 例を報告する。症例は80 歳台,(胃大面积溃疡能活多久),男性。以前より滑脱型の食道裂孔ヘルニアを指摘されていた。左肺腺癌に対して左肺上葉切除を施行された2 か月後に左胸腹痛を自覚し,造影CT で食道裂孔ヘルニアの悪化と周囲に腹水出現を認めたため入院した。保存的治療で症状は改善したが,食事再開に伴い再度症状が悪化した。造影CT では胃が短軸性に捻転している所見を認めた。内視鏡的整復を試みたが困難であり,外科的にヘルニア修復および胃壁固定術を施行し,(什么能治胃病),以後,再発なく軽快している。特発性胃軸捻転症は内視鏡的整復成功例が散見されるが,二次性胃軸捻転症では癒着などのため困難なことが多い。本症例も肺葉切除後の二次性胃軸捻転症として,内視鏡的整復術を施行するも困難であった。

网友评论:

发表评论
请自觉遵守互联网相关的政策法规,严禁发布色情、暴力、反动的言论。
评价:
表情:
用户名: 验证码:点击我更换图片


阳光健康网 www.sunfp.com 联系QQ:981571422 邮箱:981571422@qq.com

Copyright © 2002-2011 阳光健康网. Power by 阳光健康

Top